エンジニアリング・プラスチック金型専業メーカー

第一精密産業株式会社 第一精密産業株式会社 営業日のお知らせプライバシーポリシーへ
HOMEへ 会社案内へ 製品紹介へ 設備紹介へ お取引の流れ 採用情報へ お問合せへ
お取引の流れ 見積〜納品までの流れ
見積もり・製品図を頂き、弊社での工数を計算、スピーディーにお見積をお出しします。
ご注文・正式図、注文書、納期の設定を行い、正式発注をして頂きます。
仕様決定・お打ち合わせをさせて頂き、細かい仕様の確認などをさせて頂きます。
設計・お打ち合わせの内容に基づき、今までの収集データ、経験値を活かした金型設計を行います(2D、3D)
工程設計・設計された金型図面を基に、製造計画を立てます。社内LANで繋がれた生産管理システムにより、全社で進捗状況の確認が可能です。
機械加工・国内外の超精密な工作機械を用い、多種多様な金型構成部品を製造します。 モールドベース・金型の精度の基準となるベース作り。全て内製で行い、お客様の多種多様なご要望に応じたモールドベースの製作が可能です。
熱処理・社内に設置された真空炉で材料に応じた熱処理を行い入れ子の硬度を上げ、耐久性を上げます。
超精密仕上げ・超精密金型の品質を決める最も重要な工程で、ミクロン単位の寸法を決めます。
組み立て・熟練した作業者による、各部品の組み付け修正作業。ここで金型に命が吹き込まれます。
試作TRY・完成した金型は実際に社内の成形機に取り付け、作動などのチェックをしながら、実際の成形品を試作します。
成形品測定、評価・TRYした実際の成形品を製品図面に基づいた精密測定を行い、データ表を作成します。
NG金型修正・測定の結果、寸法調整が必要な部分は、再加工し微妙な調整を行います。
納品・合格した金型は速やかに安全な方法でお客様へお届けします。
検収・お客様の確認をいただき、検収→お支払いとなります。

TOPへ
 
Copyright © 2016 DPM Co., Ltd. All rights reserved.